Count: 119952
[全日記一覧]

Добрый день, Япония(こんにちは、ニッポン)

2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< 前の月 次の月 >>
Personal diary.

[HOME]
2009/2/23

海外にいると、やっぱり自分は日本人だな、って実感することが多いですよね。

特に、オリンピックやその他のスポーツの日本代表とか、芸術分野での日本人の活躍なんかを目にすると、そんなに興味がなかったことでもついつい応援してしまいます。

北京五輪の際にも、モスクワからDCへの引越し作業をしながら柔道を見てて、谷本選手の一本勝ち金メダル二連覇にいたく感動したことを覚えてます。

今日は、アカデミー賞の発表の日でしたね。
課題のペーパーに取り掛かりつつも、ついついテレビでアカデミー賞をつけっぱなしにしてました。

結果、日本人の作品でノミネートされた短編アニメの「つみきのいえ」と、「おくりびと」、両方ともオスカーを獲得するという、なんとも嬉しいことになりましたね。

ついさっき、外国語映画賞の発表を見てたんですが、嬉しそうに壇上に上ってくる滝田監督、本木雅弘と広末涼子を見ながら、すごいなー、なんて思ってました。

「おくりびと」も「つみきのいえ」も、アカデミーにノミネートされるってのを知ってから少し調べてみたんですが、両方とも映画を見てみたいなぁ、と思いましたよ。

受賞の様子を見てて思ったんですが、本木雅弘のやたら低姿勢な様子(壇上で発表者におじぎしたり)を見て、あぁ、やっぱり日本人だなぁ、と思ったり、広末涼子の満面の笑みがやたら可愛かったり。
広末涼子にはそんなに興味がなかったんですが、あの満面の笑みは、久々に見てるほうが嬉しくなるな、と思えるくらいの良い表情でしたよ。

暗いニュース、批判的なニュースばかりで、なにやら日本人の心の中まで荒んできてるような気がしてならないんですが、少しでもこういうニュースで日本人として元気付けられるといいなぁ、なんて漠然と思ってます。